日本の自動車学校を元気に!

自動車教習所のM&Aについて

自動車教習所のM&A(株式譲渡、事業譲渡、吸収合併、会社分割)ついて

Mergers&Acquisitionsの略で直訳すると合併と買収。企業の経営権を他社から取得するか譲渡すること。
以前は会社を乗っ取られるようなマイナスイメージがありましたが、最近は親族内後継者問題や経営の集中化、売却益の確保、従業員の雇用安定など、経営者にとっても社員にとってもメリットが出てきています。
中小企業でも後継者問題の有力な解決策として、事業承継型M&Aが活発に行われています。

引退したい、後継者が居ない、事業承継したいとお考えの場合、M&Aを利用すると、後継者問題や事業の行き先不安、借入金の連帯保証人の問題が解決するばかりか、ご自信は長年の経営人生の対価を得ることが出来ます。
また、会社を存続し、大切な従業員と顧客を守ることが出来ます。

①株式譲渡

株式譲渡は、買い手が売り手企業の発行済み株式を譲り受けることで会社の経営権をバトンタッチすることです。
中小企業のM&Aでは、全株式(100%)を譲渡する形が一般的となっています。
社名や取引先、賃貸人、従業員等との契約関係が従前どおり引き継がれる為事業価値が毀損せずに引き継がれ、手続きも簡単なので最も多く用いられる方法です。

メリット

  • 会社の株主が変わるだけであり会社の権利義務の関係は変わらない
  • 安心できる会社が買い手の場合、従業員や取引先の心配は低くなる
  • 基本的には雇用の確保や取引先(お客様)との関係が保たれる
  • 資産や負債を個別に承継させる必要が無く売却手続きが容易
  • 短期間で実施可能

デメリット

  • 株主が分散している場合は、その取りまとめに時間がかかる
  • 会社の経営が前経営者の個性や能力に大きく依存していた場合には、取引先や従業員のモチベーションが低下する
  • 買い手に隠れたリスク(事業、資産、負債、組合、偶発的な責務や訴訟など)がある

②事業譲渡

事業譲渡とは、会社の全部あるいは事業の一部の部門や資産などを他の会社に譲渡する方法です。
事情があって法人を残しておきたい場合や株式譲渡が難しい場合などには良く用いられる方法です。
譲渡の対価は株主では無く会社に入り、譲渡益に対しては法人税が約40%掛かってくるので税金対策についても考えておく必要があります。

メリット

  • 必要な事業部分だけを移転させることが出来る
  • 会社全部は譲渡したくないが、切り離したい事業は譲渡し存続可能
  • 優良資産に限定しての事業場とも有効な手段となる

デメリット

  • 個別に取引先との契約、従業員との雇用契約、賃貸契約等も新たに締結しなおす必要があるため、その過程で取引先との契約が上手く引き継がれない等のリスクがあります。
  • 資産、負債、その他の権利義務を人格の異なる別法人へ引き継ぐこととなり、不動産などは登記の変更が必要になるなど手続きは煩雑になります。

③吸収合併

吸収合併とは、合併により消滅する会社(被合併法人)の保有する資産・負債・その他一切の権利義務を、存続会社(合併法人)に承継させる方法です。

メリット

  • 被合併法人の個々の資産や雇用関係に関する手続きが不要

デメリット

  • 全ての権利義務が包括承継されることから、被合併法人が訴訟リスクや責務保証リスクなどを抱えていた場合は、その責務も引き継がれます。

④会社分割

会社分割とは、会社の事業に関する権利義務の一部の事業を分割して、他の会社に承継させることです。
会社分割には吸収分割と新設分割があります。
吸収分割とは、分割する会社(分割法人)の事業を別の会社(分割承継法人)が引き継ぐ方法です。
新設分割とは、分割する事業を新設の会社へ引き継ぐ方法です。
M&Aの手法としての会社分割は、分割される事業及び資産・負債を第三者(分割承継法人)に承継させます。
この手法のメリットは、買い手に隠れたリスク(事業、資産、負債、組合、偶発的な責務や訴訟など)があったとしても、事業又は資産の一部を分割して新規の会社を設立したり、持分を移転させることが出来ることから、事業譲渡と同様に承継の範囲が自由となります。
また、吸収合併と同様に、分割される事業の権利義務などの個別での移転手続きが不要です。

M&Aの方法については、それぞれの特徴や相違点などを十分理解し、その会社に見合った最良の方法を検討する必要があります。

売却、清算をお考えの方

経営者として「地域の安全運転センター」である自動車学校を地元に残し、従業員を守ることが社会に対する責任であり、経営者としての仕事です。

オーナー経営者にとって会社を売却することは、企業の最重要経営戦略であると同時に、経営者自身の人生にとっても一世一代の一大決心の課題であると思います。
また、長年経営してきて引退について考えた時、後継者問題、借入金の個人保証、担保提供している不動産問題など、頭の痛い問題にどう対処すればよいのか様々なお悩みがあるかと思います。

会社や経営者のご事情により、問題がそれぞれ異なると思いますが、当社にご依頼頂ければオーナー社長様のお気持ちを汲みつつ、問題に対処致します。

M&Aで経営人生の対価を得る、親族へ事業承継(相続)する等、経営人生の引退の形はそれぞれですが、株式会社エンカレッジジャパンでは自動車教習所経営者様の経営の出口戦略をサポート致します。

1.売却のメリット

後継者問題の解決、事業の将来不安の解決、事業の選択と集中、資金調達

  • 個人補償や担保を外すことができる
  • 創業者利益の確保
  • 従業員の雇用維持
  • 経営資源の有効活用
  • 社会的信頼を維持したままの引退

2.売り時

ご相談は早ければ早いほど、複数の選択肢から最良な出口戦略のアドバイスが可能になります。
本来、会社の業績が良い時が売り時としてはベストですが、そろそろ引退したい、経営に疲れてきた・・・と思い始めた頃がひとつの売り時である、と当社は考えております。
売却のご検討を始められたら、まずは出来るだけ早急なご相談をお薦めいたします。早いご相談であればある程、複数の選択肢から最良な出口戦略のアドバイスが可能となるからです。

3.M&Aの思い込み

①M&Aは印象が悪い

M&A=「身売り」。M&Aをネガティブなイメージで捉える方がいらっしゃいます。実際の中小企業で行われているM&Aはまったく異なります。
特に、当社では友好的M&Aを推進しており、売り手様・買い手様双方がやって良かったと言っていただけるM&Aを仲介いたします。

②M&Aは難しい?

日々新聞等メディアで目にするM&A情報は大企業のM&Aばかりで、中小企業ではあまり実施されていないと思われるかもしれません。
実際には公表されているM&Aのうち中小企業が絡むM&Aは7割以上を占めています。
株式会社エンカレッジジャパンでは、自動車学校に特化したM&A仲介を行い、自動車学校の現場を熟知した中で、オーナー経営者のお気持ちを大切にM&Aを進めていきます。

③M&Aで会社を売るより、清算したい

M&A=「身売り」のイメージがあるからでしょうか、「年も年だし、身売りするよりいっそ清算したほうがマシだ」とお考えの経営者がいらっしゃいますが、清算とM&Aでは大きな差があります。
M&Aを利用することで、清算するより多くの現金が得られるばかりか、税金面でも清算よりM&Aの方がずっと有利です。
また、会社を存続させることで従業員の雇用も守られますし、長年取引をしてきた顧客にも迷惑をかけることなく引き継いでいくことが可能となります。
清算するには閉校コストや期間を考慮する必要があります。(閉校宣言してから入校生を全員卒業させるまで最長9ヶ月は運営を継続する必要がある。その間の運営資金が予め必要)
また、職員の雇用問題やエリア内の新規免許取得希望者や各種講習希望者の行き場の問題、更地にする場合は解体費用や整地費用の問題、教習機材や教習車両などの処分等の問題も発生します。
当社にご相談頂ければ、清算して会社をたたむより、M&Aで会社を譲渡する方が良い点がたくさんあることがよりご納得頂けると思います。

④会社を売るのは責務超過の会社

会社譲渡を決断しているのは、債務超過で資金繰りに困っている会社だけではありません。むしろ実質財務状態が健全で、利益も出ているが、後継者がいない等の理由で譲渡を考える経営者も多くいらっしゃるのが実情です。

⑤相談先

M&A部門を持つ銀行や証券会社等もありますが、株式会社エンカレッジジャパンにご相談頂ければ、具体的なアドバイスを含め、ご相談を承ることが可能です。

4.エンカレッジジャパンのM&A仲介(手数料について)

エンカレッジジャパンのM&A仲介は、事業承継をお考えの教習所経営者様に、費用面でのサポートとして、成功報酬無料、また初期費用を安価に抑え、前向きなご検討をいただけるよう案内しております。
※成功報酬無料には時価総資産額等に条件がございます。

企業評価料および案件化料

企業評価料および案件化料
※企業評価にあたり不動産鑑定を要する場合は別途ご相談させていただきます。

成功報酬(仲介手数料)

レーマン方式での算出方法
譲渡企業の時価総資産額(営業権を含む) 手数料率
1億円以下 無料
1億円超 5億円以下 5%
5億円超 10億円以下 4%
10億円超 50億円以下 3%

※仲介手数料イメージ
計算例① 譲渡企業の営業権を含む時価総資産額が8千万円の場合  0円(仲介手数料はいただきません) 
計算例② 譲渡企業の営業権を含む時価総資産額が7億円の場合
(5億円-1億円)×5%=2,000万円 (7億円–5億円)×4%=800万円  合計2,800万円

買収を希望の方

自動車学校を買収し、「事業拡大したい」「グループ経営化に進出したい」「自社経営とのシナジー効果」などと会社の将来を見据えた経営戦略をお考えであれば、株式会社エンカレッジジャパンに御相談ください。
株式会社エンカレッジジャパンは自動車教習所業界を専門に扱い、会社・事業の買収ニーズに合った候補企業を、秘密保持の観点に基づいてご紹介いたします。

お気軽にご相談下さい TEL 03-6721-8018 受付時間10:00-19:00[土・日・祝日除く]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社エンカレッジジャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.